スクール

DMM Web campの料金はいくら?助成金(給付金)を使って安く受講する方法!

DMM Web camp卒業生のA子です。今日は給付金をつかって受講料を安く済ませる方法を解説していくわ!

みなさん、こんにちは!

これからプログラミングスクールに通おうと思っているんだけど、調べていたらなんとなくDMM WEB CAMPが気になった!料金や給付金についてしりたい!という方向けに

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]DMM WEB CAMPの料金ってどのくらいなのか?

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]DMM WEB CAMPの給付金で受講料を安くしたい!

という方のために詳しく解説していきたいと思います。

どうせなら、安くてしっかり勉強できるスクールに通いたいですよね。

DMM WEB CAMPの給付金制度はめちゃくちゃお安く受講できる制度です。ぜひこれを読んでいる方もこの制度を利用してプログラミングを始めてほしいと思います!

あなたが給付金対象なのか、またどうやったら給付金で受講できるのか、DMM WEB CAMPの料金やコースとともに見ていきます。

DMMWEBCAMP卒業生でプログラマーに就職した私がわかりやすく解説しますね!

DMM WEB CAMPの料金っていくら?

まず、DMM WEB CAMPの料金ってほかのスクールに比べて安いのでしょうか?高いのでしょうか?

やっぱり1番気になるのは受講料ですよね。

DMM WEB CAMPは受講者のレベルや生活に合わせて転職コース(旧COMMIT)

、学習(旧SKILL)の2つのコースに分かれていて、それぞれ通う期間も料金も違います。

また2つのコースのなかでも細かく分かれていて自分が勉強したい分野を探さなければなりません!

初心者の方なら学習(旧SKILL)の「はじめてのプログラミングコース」がおすすめよ

DMM WEB CAMP・学習(旧SKILL)は安い?

まず学習(旧SKILL)コースの特徴は、「転職サポートがない」「仕事や学校に通いながら学習できる」ということです。

そしてこのコースは、さらに

はじめてのプログラミングコース

Webアプリケーションコース

Javaコース

PHP/Laravelコース

Pythonコース

Webデザインコース

UI/UXデザインコー

動画クリエイターコース

にわかれています。

結構たくさんのコースがあって未就学者は困惑しますよねいます。

今までプログラミングに触れたことがない人は「はじめてのプログラミングコース」から学ぶのが1番よいですよ。

初めてのプログラミングコースはまず大事な基礎を学び、システム開発がどのように行われていくのかその過程、ITに関する知識と理解を身に着けることができます。

おそらくこの記事を読む人はこれからプログラミングを始めますという方がほとんどなのではじめてのプログラミングコースを紹介していきますね!

はじめてのプログラミングコース

ではさっそくお手軽な一番安いコースは「はじめてのプログラミングコース」を見ていきましょう。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]4週間コース:169,800円
※(税込み)延長1カ月ごとに88,000円(税込)

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]8週間コース:224,800円(税込)

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]12週間コース:279,800円(税込)

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]16週間コース:334,800円(税込)

4週間でもプログラミングの基礎を中心に、短期間でしっかり学ぶことができます。

もちろんその分勉強量は多くなってしまいますが・・・

4週間コースの1週間の学習時間の目安は10〜12時間、8週間コースは6〜7時間ということなのでおもったよりゆっくり勉強をすすめることができます。

仕事や学校に通いながら通っている人もたくさんいますよ。

真剣にプログラマーになりたいというよりは「プログラミングってどんな感じか、お試し感覚で体験したい!」という方にはぴったりです。

その他の学習コースで学べる内容をまとめてみました。料金はすべてはじめてじめてのプログラミングコースと同じになっています。

Webアプリケーションコース Webアプリケーション開発を基礎から学べるコース。
Javaコース 実践的なスキルを開発を目指した学習
PHP/Laravelコース PHP/Laravelを基礎から学べるコース
Pythonコース 機械学習の基礎を学習
Webデザインコース Webサイトのデザインができる技術を習得
UI/UXデザインコー UI/UXの基礎知識を身に着け、ユーザーを考えながらアプリの設計を学ぶ
動画クリエイターコース 動画制作を基礎から学べるコース
フロントエンドコース Firebaseを基礎から学べるコース
データーサイエンスコース データを解析しながら、データサイエンス技術の知識を習得
AIコース AIを基礎から学べるコースで

2022年5月に調べた結果こんなにコースが増えていてビックリしましたよ!

その分ITの世界ってまだまだ広がりをみせているということなんでしょうね。将来他にもいろんなコースがなくなったり増えたりする可能性はあります。

IT業界は情報のアップデートが激しいから常にアンテナを立てておくことが大事なのよ

>>DMMWEBCAMP学習コースの無料相談を予約

\予約に限りがあります!お早めに/

DMM WEB CAMP・エンジニア転職の料金は?

次に転職を目標としている方のためのエンジニア転職コースについてです。

エンジニア転職コースの特徴は「転職サポートがある」「仕事や学校に通いながら学習できる」ということです。

またエンジニア転職コースには短期集中コース、専門技術コース、就業両立コースの3つにわかれています。

DMM WEB CAMPの料金体系

もちろんそれぞれ料金は違ってきます。

料金 給付金制度 期間 分割支払い
短期集中コース 総額690,800円(税込) × 3カ月 月々15,500円〜 (初回のみ20,843円)
技術専門コース 総額910,800円(税込) 〇 制度適用の場合実質350,800円(税込) 4カ月+転職サポート 月々20,500円〜 (初回のみ23,723円)
就学両立コース 総額756,800円(税込) × 6カ月

学習(旧SKILL)コースに比べると、いきなり金額が上がりましたね。

必修で学ぶのは、プログラミングの基礎と応用、そして、ポートフォリオ製作です。

プログラマーとして転職する時に必須なのが、ポートフォリオ

このポートフォリオを、いかに充実した内容で作成できるかというところに転職はかかっているのですが、この製作までじっくり面倒を見てくれるので、転職は安心ですね。

「もっと知識をつけたい!」という方には、必修の教材以外に、転職後に即戦力となれるような知識を学ぶチャレンジ学習を用意してくれています。

自分のペースに合わせて選ぶことができるんですね。

料金にも納得です。

DMM WEB CAMP・エンジニア転職コースどんな人におすすめ?

最後に、エンジニア転職コースの特徴とどんな人に向いているか見ていきましょう!

このコースの特徴は、「転職サポートがある」「平日・休日共に、学習時間の確保が必要」ということです。

エンジニア転職コースも学習(旧SKILL)コースと同じように、さらに3つのコースに分かれています。

短期集中コース

まず1つ目は、「短期集中コース」についてです。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]一括料金690,800円(税込)

受講期間は最短3ヶ月で、その後に転職サポート期間に入ります。

期間も短くなるのでもちろんやることは同じでも他のコースより集中して勉強する必要があります。

それでも早くプログラマーとしての一歩を踏み出したいという方向け。

仕事と掛け持ちなんかできないほど忙しくなるわ

「とにかく超特急で学習から転職までサポートしてもらいたい!」という方におすすめです。

専門技術コース

2つ目は、「専門技術コース」です。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]一括料金910,800円(税込)

いきなり金額が跳ね上がりましたね!

でも安心してください。こちらのコースは、給付金対象なので、かなりお得に受講できちゃいます(条件あり)。

格安になる給付金は後ほど紹介しますので、お楽しみに。

最初の3ヶ月は「短期集中コース」と同じ内容ですが、4ヶ月目にAI教養か、クラウド教養のいずれかを選択して半月の期間学習します。

その後は「短期集中コース」と同様に、転職サポート期間に入ります。

簡単に言うと、「短期集中コース」+半月の専門技術学習が、この「専門技術コース」となるわけですね。

そして他のコースには無い、このエンジニア転職コースの最大の特徴が、「チーム開発」です。

他の受講生たちと少人数のチームを組み、一つの作品を製作していきます。

以上が、エンジニア転職コースの内容になります。

仕事を辞めた上で受講することが前提なので、他の2つのコースに比べると、短期間にぎっしり内容が詰め込まれています。

そのため、短期間で転職に向かうことができるというわけですね。

満足度によって全額返金がある?

(ここからは小声でお話ししますね。)

DMM WEB CAMPの、秘密のお話をします。

「高額な受講料を支払うのは、勇気がいるなぁ」というみなさん。朗報です。

なんといっても、エンジニア転職コースには、「満足できなかったら理由を問わず、全額返金保証」という、安心保証があるんです!

(「自分に合わないなぁ」と感じたら、キャンセルできちゃうんですね・・・!)

ただし、いつでもだれでも返金保証があるとスクール側も商売あがったり?ですよね。だから返金保証の期間がもうけられています。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]短期集中コース:20日以内

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]エンジニア転職コース:20日以内

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]就業両立コース:20日以内

という制限があるので、ご注意を!!ここは細かくチェックしておいて損はありません。

WEBCAMPエンジニア転職コースは格安で受けられる!

さてお待たせしました。

皆さんが気になっているであろう、エンジニア転職コースの給付金制度についてご紹介していきます。

給付金制度があるのはエンジニア転職コースのなかでも技術専門コースのみになります。

給付金ってどんなもの?

給付金は教育訓練給付金制度というもので、国がもっと就職を支援してくれるならお金を出すよ!というシステム。

厚生労働省が定める一定の要件を満たしている学校や講座を対象に就職支援金を出してくれるシステムになっています。

本気で就職しようと思う方には政府様様ですよね。

この「国が資格取得やスキル取得を応援してくれる制度」の目的は働く人の能力開発やキャリア形成をサポートし会社がもっとより多くの人材を安定的に雇用できるというものです。

日本政府はキャリアアップを真剣に目指している人を応援し会社の役にたってもらおうということなんですね。

政府も日本の将来を憂いているのでしょうか?笑

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

給付金で一体いくらくらい安くなるの?

給付金制度を利用すると受講し終わった後に、なんと教育訓練経費の50%または70%が還付されるんです

専門技術コースは910,800円ですが、最大で560,000円が戻ってくるので、実質350,800円で通えます。

910,800円→350,800円ですって!これはすごい!私は条件満たしてないのよね!残念

DMMWebCampでは1番高額なコースが56万円割引で受講できる

一番高額なコースだけに、これはかなりお得ですよね!

もし条件をみたしていれば誰でも給付金制度で国から支援してみますので一度サイトをチェックしてみてください。>>DMMWEBCAMPの給付金制度をチェック

DMM WEB CAMPで給付金を受け取れる条件

では、この給付金、どんな条件をクリアすれば対象になれるんでしょうか?

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]雇用保険に入っていること

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]離職後1年以内であること

など、いくつか条件があります。

自分が対象になるのか、詳しくはお近くのハローワークに問い合わせてみてください。

事前に電話をすればどんな資料を持っていけば良いのかを詳しく教えてくれるので、事前電話がオススメです。

給付金を受けとる時の注意点

次に、給付金を受け取るために、注意したい点をお伝えします。

少しでも手続きを間違ったりすると給付金が受け取れなくなったりしてしまうのでここは十分理解してて付きをしてくださいね!

①ハローワークには受講1ヶ月前までに申請が必要!

面倒な書類や申告系は後回しにしがちですが(私だけ?)、スクールが始まる1ヶ月前には申請が必要です。

揃えなければいけない書類もいくつかあり、不備があったりすると、「あれ?間に合わない!」ということになってしまうかも・・・。

オススメは、受講2ヶ月前には手続きを終わらせておくことです。

余談ですが、失業保険を受給される方は、この時に一緒に申請をすれば楽ですよ。

失業保険中でも受講できます!

②ハローワークには受講後1ヶ月以内に申請が必要!

せっかく申請していても、受給する手続きをしなければ元も子もありません。

ハローワークに一番初めの申請をする際に「いつ頃からいつ頃までに申請に来てくださいね。」と教えてもらえるので、それを失念しないようにしておきましょう。

必ずこの期間をまもって正しく申請してください。

③転職先が決まったら、ハローワークに書類を提出する!

さて次の段階はというと・・・・「え?また申告が必要なの?」と思ったあなた。

この手続きが最後ですので、ご安心ください。

そもそも、給付金が返ってくるのは教育訓練費の50%または70%とお伝えしました。

50%は②の受講後1ヶ月以内の申請で受け取れます。

そして70%(つまり、50%受け取った後の残りの20%)は、受講後1年以内に就職が決まれば受け取れるんです。

転職先に記載してもらう書類を提出しなければいけないので、必ず忘れないようにしておきましょう。

一回ですべて給付金をうけとれるわけじゃないのよ

④受講中にいくつかの課題に合格できなければ、受給はできなくなる!

さて、この見出しをきいてびっくりした人も多いはず、給付金が受け取れないですって?!恐ろしい話ですよね。

実は1ヶ月ごとにスクールで次のステップに進めるかどうかの課題があり、それに合格できなければこの給付金は受給することはできないのです。

せっかく申請したのに受給できないなんてことにならないように、毎回しっかりと合格を掴み取りましょう。

(普通に勉強を進めていれば落ちることはない内容ですし、再提出もできるので、ご安心ください)

給付金の手続きから受講まで

ざっくりと、流れを確認しておきましょう。

①受講1ヶ月前までに、ハローワークにて給付金申請をする

②DMM WEB CAMPを受講する

③受講後1ヶ月以内に、ハローワークにて給付金受け取り手続きをする

④転職先が決まったら、転職先で書類を書いてもらい、ハローワークに提出する

やることはたくさんありますが、ハローワークで丁寧に次の手続きについて教えてもらえるので、ご安心ください。

DMM WEB CAMPの評判と私が受講した感想

ここまでスクールの内容についてご紹介してきましたが、実は私もDMM WEB CAMPの卒業生。

ここからは、実際に経験したからこそ感じたことを、私の目線からご紹介します。

私がDMM WEB CAMPを選んだ理由

プログラミングスクールに通うことを決めてから、3社ほどの説明会を受けました。

他の2社とも、明るい未来を想像できて、ワクワクするような内容の説明をしてくれた中、DMM WEB CAMPのメンターさんはちょっと違いました。

もちろん明るい内容の話もありましたが、同時に反対の内容の話もしてくれたんです。

「20代後半のプログラミング未経験の転職はハードルが高い」

「プログラミングの求人が増えていると言っても、それは経験者の話」

など、きちんとリアルな話もしてくれました。

その上で、「覚悟を持って努力できる人は全力でサポートします。」という言葉をかけていただいたので、DMM WEB CAMPに通うことを決心しました。

実際、途中で離脱する人や、次のステップに進めない人もちらほらいました。

私のように、「ちょっとスパルタでもいいから、本気でプログラミングを学びたい!」という方にはかなりオススメできます!

※そんなにスパルタではなかったので、ご安心ください。

そしてやっぱりDMMWEBCAMPを選んだ大きな理由がやはり給付金がもらえるから

お金はやっぱり大きいですよね。

一番最初に約90万円を一括で払ったときは、本当に戻ってくるかドキドキしたわよ

きちんと受講を終わらせないと返金されないんだと思うと、ますます勉強に身が入ったものです。

受講が終わった後にお金が7割戻ってきた時は、臨時収入があったような感覚で、とても嬉しかったです(笑)。

>>DMMwebキャンプコミットの無料相談を予約

\予約に限りがあります!お早めに/

DMM WEB CAMPのグループ開発で技術が急激アップ

やはり、DMM WEB CAMPグループ開発があったことは私にとってかなりプラスでした。

転職した先でほぼ必ず必要なグループ開発のスキルを身につけることができるのは、とても大きいと思います。

グループ開発をする上で使うツールや用語を覚えることができるので、転職後にそこまで戸惑うことはありませんでした。

また、グループ開発以外にも他の受講生たちを交流する機会はたくさんあります。

私はその中で、今も交流を続けている友達を見つけることができました。

孤独を感じることなく、仲間たちと切磋琢磨できる環境があるのも、DMM WEB CAMPの魅力の一つです。

感動した!転職サポートがとにかく手厚いこと

本当にびっくりするくらい、転職サポートに力が入っていたよ!

1ヶ月目から転職に向けたサポートは始まっており、専属のメンターさんと一緒に自分の将来について、これでもかというくらいじっくり向き合うことができます。

定期的にメンターさんとの面談があるので、なんでも話せる信頼関係を築くことができました。

転職期間中も、会社とのやり取りのサポートはもちろん、メンタル面のサポートもしっかりしてくれるので、本当に安心してお任せしていました。

なんと言っても内定が出た時に、メンターさんが私以上に喜んでくれたんです!

それがとても嬉しく、頑張ってきて本当に良かったと思えました。

私がDMM WEB CAMPを授業を受けてみて感じたこと

オリジナルテキストがわかりやすかった!

初心者には難しい内容だと不安だと思いますが、とても分かりやすい説明になっています。

難しい内容の時にはしっかり図や動画で説明がされているので、安心ですね。

また、このテキストは受講が終わった後でも見ることができるので、私は転職した今でも見返していますよ。

講師に気軽に質問できて問題解決しやすい!

勉強していると、どうしても理解できない箇所や解決できないエラーが出てくると思います。

そんな時は、積極的に講師に質問してみましょう。

チャットで質問するスクールもありますが、DMM WEB CAMPはリモートで画面を共有しながら直接会話をして質問することができます。

「自分はどこで詰まっているのか?」を言葉にして説明することは、転職先で先輩に質問する際に必要なスキルの一つです。

そのため直接質問できることは、大きなメリットですね。

私がDMM WEB CAMPを受講した理由が以上になります。とにかく不満もなく無事卒業して転職!

これから受講してみようという方の参考になればと思います。

DMM WEB CAMPの無料相談が役に立つ!

DMM WEB CAMPが気になってきましたか?

そんな方は、さっそく無料相談を受けてみましょう。

無料説明会の時の印象が良いのもここを選んだ理由よ

「私がDMM WEB CAMPを選んだ理由」でもお話ししましたが、無料相談では、スクールの雰囲気を掴むチャンスです。

私は受講期間中は本気でプログラミングに向かいたい派だったので、「DMM WEB CAMPの雰囲気は私に合うな」と感じたことを覚えています。

1対1の個人面談をしてくれるので、気軽に質問することができます。

オススメなのは、事前に質問したい内容を考えておくこと。

相談時間が終わった後に、「聞き逃した!」なんてことがないように準備しておきましょう。

そして、ひとつ注意していただきたいのは、「自分は給付金ですか?」という質問はDMM WEB CAMPではなく、ハローワークに問い合わせるようにしましょうね。

最後に

いかがでしたか?

・本気でプログラミングを学びたい!

・転職もしっかりサポートしてほしい!

・プログラミング仲間がほしい!

という方には、かなりおすすめできるスクールだと思います。

後から振り返った時に、「自分、相当頑張った!」と、自分を褒めてあげたくなることでしょう。

気になった方は、無料相談だけでも受けてみてはいかがですか?